レインドロップとは

1980年代にアメリカのゲリー・ヤング自然療法学博士が

考案したもので、 原液のエッセンシャルオイル(精油)

9種類を背骨にそって、雨だれのように 直接垂らしていく背中に対して行うメディカル・アロマテラピートリートメントです。 

 

精油を浸透させることにより、血液にのって全身をめぐり、様々な臓器、神経、細胞の隅々まで届いて、

ホルモンのバランス、身体のゆがみを整え、解毒促進をし、免疫力を高めていきます。 

 

嗅覚からも脳に働きかけ、否定的な感情の開放、気持ちがアップするなど感情も解放していきます。 

 

もともとは、アメリカ先住民族が、オーロラのエネルギーを癒しパワーとして身体に 取り入れて心身の不調を癒していたことをヒントに開発されたものだそうです。 

 

アメリカでは、多くの医療従事者がこのレインドロップを医療現場に導入し、脊柱側湾症や脊柱後湾症、坐骨神経痛やその他慢性的な背痛に非常に効果的だと高く評価されています。 

 

また、レインドロップは脊髄トリートメントとも呼ばれており、体の中に溜めこまれたネガティブな感情やトラウマなどを浄化し、肉体的な面では骨格の調整や脊髄やリンパに 溜まっているウィルスなどの菌類を浄化し排出する効果も報告されています。

 

使用する精油はどれも非常に高い抗菌作用や抗ウィルス作用があり、 自然治癒力や免疫力UPにもつながるため、回を重ねることにより 免疫力が上がり、心身が浄化されます。

 

優しく降る雨だれのように、背中にポトポトと一滴ずつ精油を垂らし、 ゆっくりと身体に染み込ませていくところからレインドロップ(雨だれ)の名がついたとされています。

 

レインドロップの施術内容は

レインドロップは、主に背中に行う施術です。

 

背骨は、身体の屋台骨でもあり、神経、動脈、静脈、リンパ系なども集まっている とても重要で大切な器官です。そこへオイルを浸透させ、体全体に効果が出てきます。 

 

レインドロップの効果をより高める為に、 まずは足裏にオイルを塗りエネルギーのバランスをとります。

 

その後、ヴィタフレックスという足の裏の脊柱の反射区に対してオイルを塗布し、

骨格の配置を動きやすくします。 

 

ここから背中へのレインドロップへ入ります。

 

高品質で純度の高いシングルオイルを原液のまま順番に脊柱に垂らして、

オイルを体内に染み込ませていきます。

 

浸透させた後は、背中全体をマッサージしていきます。 

 

レインドロップの手技はソフトですが、 塗布されたオイルの成分は、

細胞まで浸透し、 体に働きかけて効果を発揮してくれます。 

 

背骨に溜まった毒素を排出し、背骨周辺にひそむ病原菌に働きかけ、

ネガティブ感情の解放や、肉体・エネルギーをも同時に整えてくれます。

 

使用するオイルは

オレガノ、タイム、バジル、サイプレス、ウインターグリーン、マジョラム、 ペパーミント、ブレンドオイル(アロマシーズ・ヤングヴァラー)の
9種類ものオイルを使用し、約50滴もの大量のオイルを使用します。 
使用するオイルは、どれも非常に高い抗菌作用、抗ウィルス作用等をもっており、 それらが脊柱や体内に染み込み、体に悪影響を及ぼしているウィルスや菌などを 退治して体外に排出してくれます。