自律神経とは

自分の意思とは関係なく、刺激や情報に反応して、

身体の機能をコントロールしている神経のことです。

身体を動かすことは、意識してできますが、

それ以外に内臓を動かしたり、血液を流して酸素や栄養を身体に巡らせたり

老廃物を回収したりという無意識の働きを自律神経がコントロールしています。

 

自律神経は

活動をつかさどる「交感神経」と、

休息をつかさどる「副交感神経」の二つからなっており、

 

この正反対の働きがバランスを取ることで、心身の健康を保っています。

 

このバランスが乱れると、様々な体調不良となって表れてきます。

 

自律神経のバランスが崩れると起こる症状

・頭痛

・めまい・立ちくらみ

・耳鳴り

・肩コリ、首コリ

・眼精疲労

・胃痛

・下痢や便秘

・息苦しさや動悸

・不眠・睡眠障害

・手足の震え、しびれ

・手足や腰が冷える

・自律神経失調症

・うつ病

・顎関節症

・全身がだるい 

・イライラ、集中力がない 

 

など、えっ、こんな症状が自律神経が乱れるとでてくるの?

って思うこと、日常でもありがちな症状も実は自律神経が乱れています。

 

自律神経のバランスが崩れる原因

●環境的ストレス

・残業、夜更かし、不規則な生活

・温度、湿度のストレス(暑すぎる、寒すぎる)  

● 身体的ストレス

・疲労、睡眠不足

・肩や首の痛みなどの身体の辛さ

・姿勢が悪い、骨格が歪んでいる 

●精神的ストレス

・仕事のプレッシャー、ノルマ、人間関係、イライラ

・嫌な事や悲しい事、くよくよする、落ち込む

・経済的不安

●食事

・栄養過多、栄養不足 

●ホルモンバランスの変化

・ホルモンの病気、更年期障害 

●電子機器の使用

・パソコン、スマホの使いすぎ

 

このような日常でよくあるような出来事や大したことないと思ってしまいがちですが、

こういう状態が続き、自律神経が乱れた状態が続くと

 

自律神経失調症、神経性胃炎、過敏性腸症候群、

メニエール病、過呼吸症候群

などの症状がでてきます。

 

ひどくなると うつ病、パニック症候群にもなってしまいます。

 

まだこれくらいだったら大丈夫・・・とか思わずに

ちょっとおかしいな。しんどいな。って思ったら、

早めに対処すれば、回復も早くなりますので、ご相談してください。 

 

もしかして自律神経失調症かも?って思った方は、

こちらのチェック表でチェックしてみてください。

自律神経失調症チェック表